ありえない誇大広告なホームページには要注意

MENU
こちらのページは2017年10月11日に更新いたしました。

現在の広告

現在の広告はインターネットが主流

今の日本社会では、テレビや新聞よりもインターネットでの情報がメディアの大きな割合を占めているといえます。
テレビのニュースや新聞を見ないという人でも、スマートフォンやパソコンからより新鮮なニュースをリアルタイムでいつでも取り入れることができるので、テレビなど必要ないという動きが加速していくのはこれからも避けることはできないでしょう。
そんなインターネット社会の拡大が進んでいる現代では広告もインターネットをメインとしているところも増えつつあります。
広告媒体というのは街の看板や雑誌の一部などよく目につくところに掲載されているものです。
同じように、インターネットでも広告というのはYahooのホームページやgoogleの検索結果などあらゆるところに掲載されております。
クレカ現金化の広告もクレカやショッピング枠などの関係性のあるキーワードにより検索することができます。

クレカ現金化の広告

クレカ現金化の広告

インターネットが広告の主流となった今、クレカ現金化業者も新聞広告からインターネット広告へと移ってきています。
クレカ現金化について検索をすると、数々の現金化業者が出てくることでしょう。
一見しただけでも、最高換金率○○%!なんてあるのではないでしょうか。
しかし、そのまま最大換金率を信用するのは大変危険です。
悪徳業者には最大換金率で取引すると公言しておきながら、後日に多額の手数料を請求してくることもあるのです。
このような悪徳業者を利用しないようにしっかり注意しなくてはなりません。

 

ではクレカ現金化業者の、どこに注意すれば良いのでしょうか。
確認すべきなのは業者の会社概要です。
現金化業者のホームページにある会社概要の記載がしっかりされていれば悪徳業者の可能性はかなり減少します。

  • 公安委員会許可店
  • 実際には使用されていない許可番号や無断で使用している許可番号。

  • 法人運営
  • 架空の法人若しくは関係のない法人。

  • 代表者名
  • 記載が名字のみ、代表者名の記載がない。

  • 会社概要の所在地
  • 住所の途中までしか記載がない、所在地自体の記載がない。

会社概要のこの点を重点的に注意してください。
どれか1つでも該当していたとすれば、その時点で怪しい現金化業者という可能性がでてきます。
会社概要は業者選びにとても大事な確認事項なので忘れずにチェックしておきましょう。

 

検索上位表示に騙されないで!

ホームページだけの問題ではありません。
検索順位で上位に表示されている現金化業者でも悪質な詐欺業者の可能性もあります。

クレカ現金化のリスティング広告

こちらは「クレカ現金化」というキーワードで検索した時に上位表示されているサイトです。
よく見るとこの2つのサイトには【広告】と書かれているのがわかります。
【広告】と書かれたサイトは全てリスティング広告によって上位表示されています。
そして、このリスティング広告で上位表示されている現金化業者は非常に詐欺業者の可能性が高いのです。

リスティング広告って?

一般的に、何かを検索するときは上位表示されているサイトを信用しますよね。
上位表示されているということは、それだけユーザーや検索エンジンから高い評価を受けているサイトということなので、上位表示されているサイトを信用するのは決して間違ってはいません。
しかし、リスティング広告についてだけは別です。

 

リスティング広告とは閲覧数・ユーザー満足度に関係なく、お金をはらうだけで検索上位に表示に表示することが出来ます。
そのリスティング広告の特徴を利用して、詐欺業者は「検索上位の業者だから大丈夫」と思わせて詐欺をしようと企んでいるのです。
詐欺の手口も巧妙で、もし詐欺に遭ったとしても取り返せないようになっています。

詐欺業者の手口は?

詐欺に遭ってしまった場合、あなたはどうしますか?
通常であれば、消費者センターや警察に駆け込むのではないでしょうか。
しかし、リスティング詐欺に引っかかってしまうと絶対に被害を受けた金額を取り返すことはできません。
何故なら、取引の時に利用者は利用規約に同意してしまっているからです。

 

リスティング詐欺の手口は、利用規約にホームページには書かれていない要項を書き込み、利用規約の読んでいない利用者に同意させることで詐欺を行います。
基本的には、利用規約とは熟読しなければならないもので、同意してしまった以上読んでなかったなんて言い訳は通じません。
利用規約に書いてあることを同意した上で取引したということになってしまいますので、警察も違法であるとは言えないのが現状です。

騙されないための対策!

クレカ現金化の詐欺対策

クレカ現金化だけに限らず、なにかを購入する時にはリスティング広告に記載されている業者は使わないほうが賢明でしょう。
どの業界にも詐欺を行なう輩は存在していますので思わぬところで詐欺に遭ってしまうかもしれません。リスティング広告で掲載されているサイトで無くても、利用規約は流し読みで構いませんので目を通しておきましょう。
たったこれだけのことで騙されてしまう可能性は劇的に減少します。
少しでも詐欺被害の可能性を減らすために様々な詐欺への対策はとても重要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

女性向けクレカ現金化比較サイト | 関連ページ

クレカ現金化のチャージバック
みなさんはチャージバックという言葉をご存知でしょうか?クレカ現金化に置いても、あまり使われることの少ない手法ではありますが、いざという時に間違いなく役に立つ手法なので今の内に覚えておきましょう。
最大換金率の罠
クレカ現金化をする際に必ず見落としてはいけないのが換金率による罠です。サイトに書かれている換金率は嘘の可能性が非常に高いのです。そのまま信じ込んでしまえばトラブルに遭ってしまうでしょう。クレカ現金化の本当の換金率についてお伝え致します。
詐欺業者の実態
クレカ現金化には様々な手口で利用者を欺く詐欺業者が潜んでいます。どれも利用者の盲点をつくような悪質な方法なのでその手口を知っていなければ回避することは出来ないでしょう。クレカ現金化の詐欺業者の実態についてお伝え致します。
換金率は業者のさじ加減
クレカ現金化の換金率はホームページに表記されているものではなく現金化業者のさじ加減で決めているのはご存知でしたか?もしかしたらあなたの換金率は通常より下げられているかもしれませんよ。
個人情報の流出の危険性
クレカ現金化を行うためには多くの個人情報が必要となります。場合によっては悪用される危険性もありますので注意しましょう。
口コミサイトにご用心
クレカ現金化の口コミサイトは自作自演の口コミもあり、全てが真実ではありません。口コミサイトを見る時は注意をしていただく必要があります。
商品の受取りについて
クレカ現金化の商品は原則的に受取るようにしてください。クレカ現金化では商品の受取りはとても重要なことです。
指定された商品を買うときの注意点
クレカ現金化の物を買うときの注意点があります。現金化業者に指定されたからといって何でも買うことは危険です。
現金化比較ではブログを参考に!ブログの活用方法を徹底解説!
クレジットカード現金化比較で役立つブログの活用方法を徹底解説します。どうすればブログの口コミから現金化業者を比較することができるのか詳しくお話していきますので、ぜひご覧ください。
クレジットカード現金化が利用停止になる4つの理由まとめ
クレジットカード現金化でカードが利用停止になる4つの理由についてまとめました。なぜクレジットカードが利用停止になるのか、安全にクレジットカード現金化を利用する方法はないのか、利用停止とあわせてお話します。
クレジットカード現金化の掲示板が危険な2つの理由
クレジットカード現金化で掲示板を利用するのが危険である2つの理由をお伝えします。クレジットカード現金化で掲示板を参考にして業者を選ぼうと考えているあなたはぜひこの記事を読んでおきましょう。
新幹線チケット現金化は危険!売却するとカード会社にばれますよ!
新幹線チケットの現金化は危険な理由をお話します。新幹線チケットの現金化は高換金率で取引はできますが利用してしまえばカード会社にばれる危険な行為なので新幹線チケットでの現金化は絶対にやめておきましょう。