換金率は現金化業者のさじ加減で決まります。

MENU
こちらのページは2017年10月11日に更新いたしました。

クレカ現金化の換金率って業者のさじ加減

換金率はさじ加減

クレカ現金化において、換金率はとても大事な要素ですよね。
みなさんも現金化業者を選ぶ時は、普通はホームページや現金化の比較サイトの換金率を基準にして高いところを選ぶのではないでしょうか。
しかし、あの換金率とは一体どのように決められているでしょう。
実は換金率とは現金化業者のさじ加減で、最大換金率から手数料を引かれている場合もあるのです。

 

実際の換金率との違い

クレカ現金化関連のブログや体験談では、実際の換金率の相場は70%前後であると言われています。
しかし、クレカ現金化のホームページに70%の換金率と書いてある業者は見たことがありません。
では最大換金率95%が70%になってしまう25%の誤差というのはどこで生じてくるのでしょうか?

 

最大換金率とは数百万以上などの厳しい条件をこなした上で、尚且つ手数料が引かれていない数値なのです。
そうなりますと95%という根拠のない誇大表示された数字は集客のための餌ということになります。
現金化業者の中には95%以上ではなく一律90%や80%保証という少し現実に近いものもあります。
換金率が最大95%のサイトと80%保証のサイトを比較した時、大抵の人は最大95%のサイトを選ぶでしょう。
しかし結果的にどちらも70%だった場合、80%保証はしょうがないと思える部分はありますが、最大95%のほうは騙されたという印象が強く残るため、国民生活センターや弁護士に相談するケースへと発展する可能性もあるのです。
クレカ現金化というサービスはお金が必要な方に便利なサービスであるはずなのに、それを逆手にとって利用者を欺く現金化業者は少なくはないということになります。

 

換金率から引かれる手数料

クレカ現金化の取引で換金率から引かれる手数料は何があるのでしょうか?
通常の現金化業者であればこちらの手数料が引かれると思われます。
この4つの手数料の内訳を1つずつ詳しく解説していきます。

  • カード決済手数料
  • 商品の配送料金
  • 銀行の振込手数料
  • 消費税
カード決済手数料

主にキャッシュバックによる現金化方法の場合にかかる、クレカを決済を行う際に必要となる手数料です。
この決済手数料自体にも細かい内訳があり、こちらの手数料が分類されます。

  • 月額使用料
  • 決済ごとのトランザクション
  • 決済金額に対しての手数料
  • 決済手数料に対しての消費税

一般的な決済手数料とは決済金額に対してのもので5%から8%程度ですが、多額の現金化を優遇するために少額の現金化を利用する時には換金率が下がる場合があります。

商品の配送料金

オンラインショップで買い物をする時に商品の送料というのは必ずあります。
半数以上のクレカ現金化サイトでは送料は業者が負担してくれますが、一律1,000円かかる業者もあります。
業者によって金額が変わる可能性がありますので、しっかり確認しておきましょう。

 

銀行の振込手数料

同じ銀行間の振込であれば無料の場合が多く、送料と同様にほとんどの現金化サイトは業者が負担してくれます。
しかし、振込手数料がかかる業者もいるため注意が必要です。
アマゾンギフト券換金業者でも必要な場合があり、250円ほどかかることがあります。
振込手数料は無料なのか、またかかるとしたらいくらかかるのか調べてから利用しましょう。

 

消費税

現在の日本では商品の売買が行われた時、消費税として価格の8%を税金として納めなければなりません。
今は税抜き価格での表記でも問題視されることありませんので、掲載されている換金率は税抜きでの手数料が提示されています。
クレカ現金化でも商品の売買が成立していますので、購入代金に消費税が必要なのは当然なことだと言えます。

 

架空の手数料

上記の手数料は必ず掛かってしまうものであり、必要経費であると言えます。
しかし、現金化サイトの悪徳業者には実際にはかかっていない架空の手数料を請求してくる場合もあります。

  • 事務手数料
  • 審査手数料
  • キャンセル料
  • デポジット(保証金)

これらの手数料は実際には存在しないものです。
架空の手数料を多く取れば、その分だけ現金化サイトの利益が増えることになりますので、利用者から少しでも多く手数料を取ろうとしているのでしょう。
特に審査手数料に至っては審査不要なのがクレカ現金化のメリットなのに名目として出してくる業者もいます。
一体なにを審査したというのでしょうか・・・。
保証金など現金化サイトは決済にまったく関わらないので掛かることはありません。
上記の手数料を要求してくる現金化サイトは悪徳業者の傾向が極めて強いです。
請求された場合は、利用するのを止めたほうが賢明でしょう。
また、利用を途中で止めるとキャンセル料を請求される可能性がありますが、まったく払う必要はありません。
もし請求されたとしても無視して大丈夫なので、安心して取引を中止してください。

 

結論として

このクレカ現金化というビジネスには結果的に20%以上の手数料や経費が必要であり、さらに現金化業者の利益や広告費、人件費があります。
それを現金化業者のさじ加減で65%にしたり80%にしたりと利用者の態度を見ながら左右しているというのは致し方ないことなのかも知れません。
実質的な換金率の70%で広告を出しても利用者は見向きもしませんし、95%で広告を出せば詐欺業者扱いされ利用者と揉めるのは当然のことです。
クレカ現金化を利用される方はそういったことを踏まえて申し込みをされた方が納得して現金化することができるでしょう。

 

≫女性向けクレカ現金化比較サイト | TOP頁

このエントリーをはてなブックマークに追加  

女性向けクレカ現金化比較サイト | 関連ページ

クレカ現金化のチャージバック
みなさんはチャージバックという言葉をご存知でしょうか?クレカ現金化に置いても、あまり使われることの少ない手法ではありますが、いざという時に間違いなく役に立つ手法なので今の内に覚えておきましょう。
ありえない誇大広告
クレカ現金化のホームページには全て真実のものばかりではなく誇大広告ともいえるべき、虚偽のホームページもありますのでご注意ください。
最大換金率の罠
クレカ現金化をする際に必ず見落としてはいけないのが換金率による罠です。サイトに書かれている換金率は嘘の可能性が非常に高いのです。そのまま信じ込んでしまえばトラブルに遭ってしまうでしょう。クレカ現金化の本当の換金率についてお伝え致します。
詐欺業者の実態
クレカ現金化には様々な手口で利用者を欺く詐欺業者が潜んでいます。どれも利用者の盲点をつくような悪質な方法なのでその手口を知っていなければ回避することは出来ないでしょう。クレカ現金化の詐欺業者の実態についてお伝え致します。
個人情報の流出の危険性
クレカ現金化を行うためには多くの個人情報が必要となります。場合によっては悪用される危険性もありますので注意しましょう。
口コミサイトにご用心
クレカ現金化の口コミサイトは自作自演の口コミもあり、全てが真実ではありません。口コミサイトを見る時は注意をしていただく必要があります。
商品の受取りについて
クレカ現金化の商品は原則的に受取るようにしてください。クレカ現金化では商品の受取りはとても重要なことです。
指定された商品を買うときの注意点
クレカ現金化の物を買うときの注意点があります。現金化業者に指定されたからといって何でも買うことは危険です。
現金化比較ではブログを参考に!ブログの活用方法を徹底解説!
クレジットカード現金化比較で役立つブログの活用方法を徹底解説します。どうすればブログの口コミから現金化業者を比較することができるのか詳しくお話していきますので、ぜひご覧ください。
クレジットカード現金化が利用停止になる4つの理由まとめ
クレジットカード現金化でカードが利用停止になる4つの理由についてまとめました。なぜクレジットカードが利用停止になるのか、安全にクレジットカード現金化を利用する方法はないのか、利用停止とあわせてお話します。
クレジットカード現金化の掲示板が危険な2つの理由
クレジットカード現金化で掲示板を利用するのが危険である2つの理由をお伝えします。クレジットカード現金化で掲示板を参考にして業者を選ぼうと考えているあなたはぜひこの記事を読んでおきましょう。
新幹線チケット現金化は危険!売却するとカード会社にばれますよ!
新幹線チケットの現金化は危険な理由をお話します。新幹線チケットの現金化は高換金率で取引はできますが利用してしまえばカード会社にばれる危険な行為なので新幹線チケットでの現金化は絶対にやめておきましょう。